事務所案内の作成のポイント 書き方 要素

士業事務所の事務所概要に平均的に入ってくる要素とその書き方


平均的に入ってくる要素


表紙

  • 事務所名(ロゴがある場合ロゴも)
  • キャッチコピー
  • 住所、電話、FAX、URL

中面・裏表紙

  • 事務所の特徴(理念の具体系)
  •  
  • 業務内容
  •  
  • 対象地域
  •  
  • 守秘義務
  •  
  • 代表者挨拶(ここに経歴と写真も含める)
  •  
  • 事務所概要(事務所名、郵便番号、住所、e-mail、電話、FAX、加盟団体、設立、交通アクセル、地図)

書き方

キャッチコピーはホームページと違い、業務に偏ったものを置くと使い勝手が悪いので理念、姿勢などを表したものを使用します。 前回特にお勧めとしてご説明した差し込みパターンの場合はキャッチコピーがなくてもよいでしょう。

 

弁護士など士業の事務所案内に記載する事項について

守秘義務を入れる場合と入れない場合がございますが、事務所概要では入れることをおススメしております。くどくどと書かないでサラッと書いておけば結構です。

代表挨拶に経歴と写真も含んでよいと思います。著書、所属団体の役職などがあれば書いてください。

地図はホームページと違い、事務所案内の中ではデザイン的に比重が高くなってしまうのでデザイン性のある地図をお使い下さい。

全体を通して重要なのは、くどくどと書かないで簡潔にまとめる。渡し方は郵送も考えられますが、自分が見込客に渡すシーンを想像して、開いて説明していることを想像しながら掲載コピーを作成するということです。

士業事務所ホームページ制作と Web 集客支援の専門会社

access

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-4-5
黒江屋鍛冶町ビル9階東京都千代 【地図詳細(PDF)
JR山手線・京浜東北線・中央線、東京メトロ銀座線「神田駅」徒歩3分
JR総武線(快速)「新日本橋駅」徒歩4分
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前駅」徒歩6分
東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」徒歩8分
都営地下鉄新宿線「岩本町駅」徒歩9分