スマホ対応がお済でない士業事務所様はご相談ください。

検索エンジンのスマホ対応サイトへの評価が変わりました。

2015年Google が力を入れてきたモバイル検索のアルゴリズム変更が全世界一斉されました。

本年もモバイルフレンドリー・アルゴリズムの強化は続く予定です。

 

さらに2016年

Google社がモバイルファーストインデックスへの移行の計画を発表しています。

※現在は、PCサイトの評価でPCとスマホ両方の検索結果を順位付けしています。今後モバイル ファーストインデックスでは、スマホ検索の場合スマホサイトの評価をもとにして検索結果を順位付けすることになります。

 

2018年3月
モバイルファーストインデックスの開始は正式に発表されました。

 

サイトを基本として考えられてきたホームページを見直す必要があります。

PC サイトで最大限のパフォーマンスを発揮しようと考えた場合、スマホサイトで PC サイトはそのまま閲覧できますので PC サイトを優先するというのが従来の一般的な考え方です。

今後考えられる方法

  1. PCサイトとスマホサイトの情報量が同一になるレスポンシブ Web デザインによりスマホサイトの評価をPCサイトの評価と同等になるようにする。※レスポンシブ Web デザインはGoogleが推奨している手法です。
  2. PC サイトとスマホ専用サイトを別に立上げ、リダイレクトにより関連付けをする(解決方法 2)モバイル ファーストインデックスへの移行に伴い現在はおすすめしておりません。

解決方法.レスポンシブ Web デザイン

レスポンシブ Web デザインは1つのホームページをパソコンやスマホの画面サイズに応じて(つまりレスポンシブに)表示を変える仕組みのことです。

HTML CSSで表示を変更大まかな仕組み

普及が始まったレスポンシブ Web デザイン

スマートフォンやタブレットの普及により、 現在ではレスポンシブウェブデザインを使用しているホームページも徐々に増えてきました。 レスポンシブウェブデザインでは、パソコン向けホームページデザインの一部をタブレット・スマートフォンの画面サイズに合わせて自動的に表示を変更します。

レスポンシブ Web デザインのメリット

  • 各端末用にページを用意し、リダイレクトの設定(スマホでPCのページを閲覧した場合自動的にスマホのページに飛ばす)をする必要がありません。
  • ワードプレス(WordPress)でホームページを管理している場合は更新時に、PCサイトとスマホサイトに同じ情報を入れる必要がなく1回の更新で済みます。
  • 頻繁に更新される士業事務所のウェブサイトに向いています。
  • 検索エンジンやアクセス解析に中身が同じ別ページをインデックスさせてしまうリスクがありません。

レスポンシブ Web デザインのデメリット

各端末の画面サイズにより自動変更をする為、PC 専用のページやスマートフォン専用のページと比較するとデザインの自由度は低くなりますので、個別のページに大胆なデザインを入れるなどのことがしにくくなります。

タブレットへの対応

現在タブレットの検索エンジン対策は考慮しなくてよいので、当社では PC サイトとスマホサイトの 2 パターンに対応すればよいと考えております。このことにより工数を減らし費用を下げたほうがメリットはあると考えます。

煩雑と言われるレスポンシブ Web デザインの中で可能な限りのオリジナル性を持たせ、当社の士業事務所様向けデザインのノウハウをご提供いたします。

当社で新規にホームページを立ち上げる士業事務所の方

集客テーマサイト作成プランで対応が可能です。

当社ですでに PC サイトを立ち上げた士業事務所の方

200,000 円~で対応が可能です。

サンプルは当社実績ページをご覧ください

 

 

令和元年10月23日追記

 

60分 士業向け 個別無料相談

相談予約専用ダイヤル 携帯からもどうぞ

0120-122-177

電話受付時間:平日 9:30~19:00

ご予約で夜間・土日祝祭日も対応いたします。

メールでのご依頼・ご相談はこちら(24時間受付)