【士業事務所のホームページ】MTなどCMSを使用するメリットとは

弁護士・税理士・士業のホームページでCMSを使用するメリット

弁護士や税理士をはじめとした、士業事務所のホームページ作成を検討される場合、こうお考えになる方も少なくないのでは、と思います。

Movable Type ムーバブルタイプでの更新イメージ

・とにかく初期費用の安いところに頼みたい
・見た目にこだわりはないから、ブログ的な更新ができればそれでいい
・SEOはよくわからないから、あきらめて高額な費用を払い業者に依頼する
・他のホームページと同じような情報が含まれていればいい
・ランニングコストは相場程度であればいい

持っていることが当たり前、になってきたからホームページを作るのではなく、どうせ作るのであれば「費用対効果の高い」ホームページを作ることをおすすめします。

ホームページ作成は本来、費用対効果が高い「投資」です

初期投資にある程度費用をかけて、長期的に投資の回収が行えるようなホームページを作ることをおすすめします。

さて、タイトルにもあるMTですが正式には「MovableType(ムーバブルタイプ)」
と言います。
何度かメルマガでも取り上げたことがありますが、シックスアパート社の提供するCMS(コンテンツ管理システム)で、簡単に言うとブログやワードのような感覚でウェブページの更新ができるソフトのことを指しています。


このMTを用いた士業事務所ホームページを制作することにどのようなメリットがあるのか、ですが、今回は以下の2つをピックアップします。

1.PDFの資料を簡単にアップロード、リンクさせることができる
2.テンプレートに組み込めるので、フェイスブックとの連動が簡単

顧客サービスの一環として、セミナーレジュメであったり事務所のニュースレターをウェブサイト上に掲載したい場合も、MTであれば容易に行えます。
pdfの資料は、Microsoftオフィス2007以降をお持ちの方は簡単に作ることができますので、あとは資料をホームページ上にアップロードをするだけ。リンク先の名称も簡単に変更ができます。

そして2つ目です。
最近流行りのフェイスブックですが、「いいね」というボタンがあるのをご存じでしょうか。
この「いいね」、ブログやサイト内に組み込まれているのを見る機会も増えたのではと思います。
以前メルマガでもご紹介したように、「いいね」ボタンの組込みの最大のメリットは、サイトを訪れていない第三者にも情報を共有してもらえる点にあります。

自分はフェイスブックをやっていなくても、アカウントを持っている第三者がフェイスブックユーザーに情報を拡散してくれるので、有用な情報を書くことでその情報を必要としている顧客が振り向いてくれる可能性があります。

通常のホームページですと、1ページごとに「いいね」ボタン専用のコードを組み込む必要がありますが、MTは1度テンプレート内にコードを組み込んでしまえば、新しいページを作ったときに「いいね」ボタンが自動的に表示されるので、手間が省けます。

今回は2つのメリットを紹介させていただきました。
効率の良いホームページ運営をご検討の場合は、ぜひ一度、MTについても考えてみて損はないのではと思います。

士業事務所ホームページ制作と Web 集客支援の専門会社

access

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-4-5
黒江屋鍛冶町ビル9階東京都千代 【地図詳細(PDF)
JR山手線・京浜東北線・中央線、東京メトロ銀座線「神田駅」徒歩3分
JR総武線(快速)「新日本橋駅」徒歩4分
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前駅」徒歩6分
東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」徒歩8分
都営地下鉄新宿線「岩本町駅」徒歩9分