ホームページの原稿を書く習慣

以前、当サイトでポンポコ先生の「スランプのビジネスマンを救う文章力講座」というセミナーの講師をしていただいた方で、文章術の本が売れまくっている高橋フミアキさんが、書く気があるのに文章を書けない理由の1つは「書くことが習慣化されていないから」と言っていました。その他にもいくつか理由を挙げていますが、私はホームページ原稿の場合これが決定的だと思います。

ホームページを公開しようと決意し、ユーザに向かって(前々回に説明したユーザのシナリオを念頭に置いて)語り掛けるように書き進める。それだけのことです。毎日夜に1コンテンツ、土日に2コンテンツと進めていけば2.3週間で完成します。専門的に不確かな部分はブランクにしておいて、後で調べて埋めます。

文章自体は難しい言い回しは無くして簡単に、簡単に書いていくので大したテクニックは要りませんし、意識しないでください。前回のメルマガに付けてあるテンプレートどおりに作成していただいても構いません。原稿がだんだん完成していくのはうれしいものです。当社でホームページを作成するケースでは、最初だけ見せてくれればいいと言ってもコンテンツが完成するごとに見てくれと言って、嬉しそうに送ってくる方もいらっしゃいます。

とにかく、期間を決めて作成することが最重要です。

原稿を書く習慣を身に着けるぞ、と勢い込む人の図

当社で新サイトを立ち上げる場合、原稿は私が作成しますが、1回の土日しか使いません。
以下の3点を抑えて、書く習慣が出来ていれば1サイト2日(1日で原稿作成、残りで専門的な部分の裏付け)というのはそれ程キツイことではありません。

決して背伸びをしない、
同業が見ようと全く気にしない、
お客さんのことだけを考えて分かりやすく説明する。


ホームページのテーマを決めて、原稿を書いてみましょう。

 

文中に出てきた高橋フミアキさんの本は文章術の本は下記です。検索してみてください。

  • 一瞬で心をつかむ「できる人」の文章術
     
  • 頭がいい人の1日10分文章術

 

有限会社ポーカー・フェイス
代表取締役 清水信宏

士業事務所ホームページ制作と Web 集客支援の専門会社

access

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-4-5
黒江屋鍛冶町ビル9階東京都千代 【地図詳細(PDF)
JR山手線・京浜東北線・中央線、東京メトロ銀座線「神田駅」徒歩3分
JR総武線(快速)「新日本橋駅」徒歩4分
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前駅」徒歩6分
東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」徒歩8分
都営地下鉄新宿線「岩本町駅」徒歩9分